EC×海外をもっと自由に

ECとスマホの発展によって、どこでも、誰でも商品を自由に購入できるようになった一方、商品の製造者、生産者は、ECやデジタルマーケティングという自分達がプロフェッショナルとして培ってきたものとは異なる特殊なスキルが要求されるため、自由に商品を販売できるというまでにはまだ距離がある。

また、ECを使って海外へ進出する「越境EC」という言葉がEC業界では一般的化してきており、製造者、生産者でこのタイミングで海外へチャレンジしたいという方々が増えてきたものの、やはり「EC×海外」という二重の未知が、それらのチャレンジ精神を阻害してしまう。

Picaroは自社のサービスを通して、製造者、生産者のチャレンジと事業の拡大をサポートし、製造者、生産者にとって「EC×海外」がもっと自由なフィールドとなるよう、サポートいたします。

 

※㈱ピカロは、アマゾンジャパン合同会社の業務委託先として正式に認定された数少ない日本国内の企業の一つです。

Service

事業内容

  • Amazon FBAを活用したアメリカ進出のサポート
  • Amazon FBAを活用した海外メーカーの日本進出のサポート
  • 翻訳サービス(SEO、Native Check含む)日本語↔英語・中国語
  • 画像撮影(6カット~)/画像加工/レタッチ(日本語、英語)
  • HP/LPサイト製作(日本市場向け、アメリカ市場向け)
  • web広告運用代行(日本、アメリカ)

Topics

新着情報

Column

コラム

About Us

会社概要

社名|株式会社Picaro

住所|〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸1-12-18
代表者|代表取締役 下平 季位(しもだいら ひでのり)
設立|2018年7月
資本金|999万円

CEO略歴

ソニーのEC及びダイレクトマーケティング事業を経験後、独立起業し代表取締役としてモバイル特化のシェアリングエコノミーのサービスを立ち上げ。2007年からはAmazon Japan仕入部門のベンダーマネジメントチームのマネージャーとして、家電カテゴリーのTopメーカーのAmazon上での売上拡大、パフォーマンス改善のためにコンサルティング業務に従事。同時にPC事業部の立ち上げや、海外からの商品の輸入販売の推進、サイトマーチャンダイジングサービス並びにスポンサードプロダクト広告のチームへの導入をなどをリード。2015年からスポーツ&アウトドア事業部の統括部長として担当カテゴリーのリードをしつつ、日本でのブランドコンサルティングサービスの企画・提案、サービスの立上げから日本国内での導入、そしてメンバーの育成をリード。その後2017年に中国越境ECのネットイースカオラのシニアダイレクター 兼 日本法人代表に就任し、2017年の流通総額 約2,000億円(グローバル全体 約6,000億円)に貢献した後、2018年7月に独立起業し株式会社ピカロを設立し、現職。

Contact

お気軽にお問い合わせ下さい