Amazon マーケットプレイスで成功するための3つのルール

2019年5月13日
Amazonのサードパーティ向けマーケットプレイスでの販売業者を取り巻く状況は変化しており、Amazonはマーケットプレイスの活性化にリソースを集中させはじめている。マーケットプレイスは大口出品が多く、売り上げの58%にあたる1600億ドル(約17兆円)を占める。一方、卸売り事業は一流ブランド、プライベートブランド、Amazon専用ブランドに絞りはじめている。また、Amazonはブランドを優先しようとしており、ブランド所有者が本物であることを証明したうえで、偽ブランドや無許可の販売業者を閉め出すことができる新方針を発表した。さらに、アルゴリズムを調整し、価格と納期だけでなくブランデッドコンテンツ、広告費、外部トラフィックも重視されるようになった。BuzzFeed Newsによれば、マーケットプレイスの競争があまりに激しく、怪しげな戦術に頼る販売業者もでてきており、Amazonのシステムを操作できると謳う怪しいサービスに月額最大1万ドル(約110万円)を支払う業者もいるという。 確立されたブランドには、合法的な戦略に資金を投じ、Amazonで勝利できるだけのリソースがある。タフト&ニードルの場合、Amazonでの成功は、カー氏が導入したいくつかの重要な戦術に集約される。1つ目は、創造的な方法でカスタマーレビューを獲得すること。2つ目は、Amazonに合ったブランドを作り、同時に、Amazon事業を構築すること。そして3つ目は、ライバルの成功や弱点を利用することだ。たとえば、上位商品の検索キーワードを追跡し、批判的レビューを調べれば、Amazonの顧客が探しているもの、ほかでは手に入らないものがわかる。
オリジナル記事を読む

Picaro的考察

アマゾン アメリカの元社員による「Amazonでセラーとして成功するための3つのルール」とのことですが、㈱Picaroとして共感した部分を抜粋
  1.  しっかりとマーケットセグメントを抑える
  2.  Amazonでの販売に特化した価格帯
  3.  広告の前にfundamental 「商品説明がまともであれば、広告予算は不要だった」
  4. 「オーガニックなトラフィックと検索結果に表示されるスポンサーブランド広告、スポンサープロダクト広告が組み合わさってはじめて、商品を検索結果の上位に押し上げることができる。」
  5. 「いま重要なのはブランドの構築だ。Amazonでブランドロイヤルティは形成できないというのは、過去の話になりつつある」。
  6.  フルフィルメント by Amazon(FBA)、広告費、Amazonに適した商品、上質なコンテンツ、オーガニックなトラフィックなどの基本を抑えれば、Amazonの方からやって来る可能性が高い。
1~2ができているセラーは多いですが、3~6ができているセラーは少ないイメージ。 そしてセラーよりも経験や知識が少ないのがブランド。 Amazon自体がブランドを重要視していく流れの中、Tier3以下のブランドはアマゾンについていけなくなるのだろうなと。ECについてはメーカーがAmazon上でどうブランド構築をしていくのかが非常に重要になってきますね。
アマゾン

こちらもいかがですか?